スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
笠間センチュリーラン
2008-07-23 Wed 21:45
さてさて。

銚子も終わったことですし、次の笠間センチュリーランが早くも気になってまいりました。
当然今年も参加予定です。

ルート的には笠間は長めの坂が多いです。
累積標高は銚子よりも多いけど、走った感じは笠間の方が楽でした。
要所要所でスタッフが誘導してくれますので道に迷うことはありません。

補給面はそれほど違いがありませんが、
銚子はゴール後のアイスが素晴らしかったです。主催者の気配りがいいですね!
スイカは笠間の時期が時期だけに比較するのは可愛そうです。
ドリンクの提供についてはほぼ違いはありません。
強いて言うなら笠間の方が冷えてます(笑)


というわけで。
銚子センチュリーランで味をしめた方、ご一緒しませんか?
別窓 | 自転車 | コメント:4 | トラックバック:0 |
銚子センチュリーラン2008
2008-07-07 Mon 21:17
帰宅したらCCAから「走行注意書」が届いてました。

僕はNo.217 7:14分スタートです。

今回メイン会場まで自走はやめることにしました。
どなたかに拾っていただけると嬉しいのですが、
宿も探しておこうと思ってます。
(個人的に成田じゃないのはかなり痛いです)

週末の筑波自走で余りの暑さに懲りました。
余分な行動は避けるのがベターです。

そんな訳でドリンクボトルに、ステンレス魔法瓶を投入します。
やっぱり本当に暑いときは本物が一番です(笑)
去年粕尾峠でシンザカヤさんに頂いた一杯は最高でした。

※東葛BBSの方にトピ立てておきましたのでよろしくです。
別窓 | 自転車 | コメント:4 | トラックバック:0 |
銚子センチュリーラン
2008-06-26 Thu 23:47
銚子センチュリーランにエントリーしたものの、
エントリー後にメイン会場が例年の成田から栄に移っていることに
気がつきました(苦笑)

場所的には3時間はぎりぎりかからないだろうという距離感ですが、
道がよくわからんので、本番までに一度自走しておこうかなぁとか思ってます。
でも本番は余裕を見て3時ごろには家を出てないとあかんので微妙。

それと最終的な距離が凄いことになることがわかっています。
センチュリーランで160Km。
自宅と手賀沼・曙橋の往復が100Km。
プラスで20Km~30Kmと行ったところなので合算して290Kmです。

にひゃくきゅうじゅう、ですよ、奥さん!

ブルベ?
別窓 | 自転車 | コメント:4 | トラックバック:0 |
来年はこれかな?
2008-05-17 Sat 10:13
go to north ツール ド 蝦夷

夏休みをずらして取得すれば、この大会は実に魅力的です。
後は金の工面が一番の問題ですね(苦笑)
来年もあればいいのですが。

とりあえず銚子センチュリーにはエントリーしときました。
参加の皆さん、よろしくです。

それと大会前に心の準備(笑)として坂登りしませんか?
別窓 | 自転車 | コメント:8 | トラックバック:0 |
雨の筑波8耐
2008-05-05 Mon 09:31
チーム東葛(笑)の面々にお誘いいただいて、筑波8耐に参加しました。

事前の情報では坂らしい坂がない、という話だったので
KHSで参加することにしました。

前日、近所のスーパーにて鰹と鯵が安かったので、晩飯はこんなものを食べておりました。
うまいっすねー、鯵。
鯵丼と鰹のたたき


朝4時に篠崎公園にてE-ponさんと待ち合わせて筑波サーキットへ。
受付やらベースキャンプ(笑)設営に手間取りましたが、
雨が猛烈に降っていたのでタープのありがたみをつくづく感じました。
ダンロップ


同じピットを使ってたチームは地元の某ショップチームだったんですが、
とにかく自転車を横に置きやがって邪魔で邪魔で仕方が無かったです。
笠間センチュリーの時も感じましたが、某チーム、ちょいとマナーが悪いですね。

さてさて。
試走した感じは確かに坂がないなーという印象。
KHSはやたらと重いため、後半へたれてくるとしんどいだろうなぁという程度の坂です。
実際、後半はとてもしんどくて、ロードにすりゃよかったと・・・(苦笑)

チーム東葛(笑)は3チーム編成での参加。
各自の自転車の混成旅団ぶりが素晴らしいです。
自転車



新ホイールは純正と比べて重さ的にはあまり変わらないのですが、
ハブの回転が非常によいのと、カーボンのカバーがあるので走行音が反響して
気分が高揚します。これが最大のメリットかもしれません(笑)
それとタイヤをパナのミニッツ・ライトにしてみましたが、これもなかなか良いです。

モールトン軍団がいたので、それとなく対抗心を燃やしてみましたが、
ベースの脚力が全然違うので、まったくついていけませんでした(苦笑)

巡りあわせが悪くて適当な列車が見つからず、ほぼ単独で走ってましたが、
気がつくと後ろにロードの隊列が出来ていたりして複雑な心境。

事故も無く無事に最後まで走れたのでよしとしますか。


筑波の最大の特徴はウイニングランに気合が入ってることでしょうか。
コース脇の芝生に花火なんかがあって、なかなかの演出です。
最終走者は確かに感動するかもしれません(笑)
ウイニングラン

わがチーム東葛(笑)は一番最後に3チーム並んでゴールという
おいしいところを持っていきました。


流石にKHSは後半へたれてくると重いので次はロードで参加します。
別窓 | 自転車 | コメント:20 | トラックバック:0 |
BACK | 淀屋橋行特急の運行日誌(本運用版) | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。