スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
STIレーバーの互換性について
2006-09-21 Thu 13:58
1.発売直後にシマノの105 10sに手を出して
  その後しばらくして105 10sトリプルに変更した
2.フレームを交換したがフレーム径が異なっていたため
  旧フレーム用のフロントディレイラーが使えなかった

という経緯があって、手元に105 10sのダブル一式(STIレバー除く)
が残っています。
そんなわけで一号機をとっとと105 10sにしたいのですが
105 10sのSTIを馬鹿正直に買うのもちょっとつまらない。

二号機はブレーキだけデュラエースになっているので
STIをデュラエースに変えてハッタリをかまそうかしら(笑)
なんて考えています。

ま、一応BBもデュラエースなんですが
これは外から見える部分じゃないのでハッタリ効果は薄いです。


さて。
そうなるとSTIとディレイラーの互換性勝負になってきます。
リアディレイラーについては同じ10速ですから特に問題はないはず。
アルテグラのスプロケットと105のディレイラーで大丈夫でしたから
STIもきっと問題なく動くものと思われます。

STIとフロントディレイラーは互換性に制限があるということは知っています。
あくまでダブルの話ですが、デュラエースのSTIで105を動かすことはできるけれども
105のSTIでデュラエースを動かすことはできません。
アルテグラも同様で、105のSTIは105のみの対応となっています。
これは105のみフロントチェーンリングが最大50Tまでとなっているため。

トリプルもこのような制限がありそうです。
とはいえ、105のディレイラーであれば上位機種のSTIでもいいので
問題ないのです。


まぁ一番の問題はデュラのSTIがやたら高いことですが(苦笑)
スポンサーサイト
別窓 | 自転車 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<結局魚くえず・・・ | 淀屋橋行特急の運行日誌(本運用版) | 土曜日の走行ルート>>
この記事のコメント
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL
| 淀屋橋行特急の運行日誌(本運用版) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。