スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
そうだ、シンザカヤへ行こう。
2006-06-04 Sun 18:17
そんなわけでシンザカヤへ行ってきたのですが
江戸川CRを上るだけなのは食傷気味なので
ひねくれたルートで走ってきました。

浦安>>検見川>>花見川CRで平戸橋>>千葉ニュータウン>>木下から利根川CR>>あけぼの山公園(柏)>>利根運河CR経由江戸川CRへ>>シンザカヤ>>江戸川CR下って浦安というルート。

今回は120Km超なので、補給のとり方が課題。

7時に家を出発。
まず検見川に行く道すがら、コンビニでおにぎり1・カロリーメイト2本・アクエリアス1・水1を補充。アクエリアスよりもVAAMが良かったのですがありませんでした。

検見川で花見川CR右岸に出て失敗。ホームレスがバリケード作ってます(笑)。迂回して右岸に戻るも行き止まり。素直に左岸を走りましょう。
左岸にでてからは順調。途中ダートがありましたが、石が少ないので気合で突破。勝田台で迷子に(笑)。最初の道であっているのが分かったので、また走り続け、途中ややこしいところがありましたが平戸橋到着。ここから右岸へ渡り、花見川とはサヨナラ。

平戸橋からは北上。途中でデジカメを持ってきたのに写真をとっていないことが判明したので、「印西市」に入るところで看板を。って絵的にどうよ(笑)
印西



千葉ニュータウンのはずれを適当に走って木下へ。利根川CRへ出るのがちょっとややこしかった。利根川CRを常磐線の鉄橋まで来たところで問題発生。またダートや(笑)。今回のは石がごろごろしていたので500メーターほど走ったところで途方に暮れていると、土手の下に風車発見!
ってなんでこんなところに?

風車の周辺は公園になっていました。ここで景気付けにコーラーを飲み、ボトルにはお茶を補充。カロリーメートここで切れる。

風車でしばし休憩した後、田んぼのど真ん中の道を北上。交通量が多かったので、あぜ道へそれて道に迷う(笑)

とりあえず北へ行けば利根運河にぶちあたることははっきりしていたので、進んでいると国道16号発見。ここを北上して、利根運河を渡る。
利根運河は進行方向向かって右側のルートを取る。っていうか左側はフェンスで入れない。道なりに走っているとあっけなく江戸川CR左岸へ到達。なんかとても近い。

江戸川CRを少し上ると玉葉橋があるので、そこで右岸へ渡る。この間写真を撮っていなかったのを思い出し、「吉川市」の看板をパチリ。っていうか絵的にどうよ(笑)。右岸へ渡って江戸川上り再開。野田橋を過ぎて少しするとシンザカヤが見えてきたので、自転車をほっぽりだして中に入る。多分13:30頃。
吉川


シンザカヤではVAAM1・ウィダーインゼリー2を補充し、水を飲む。この区間ではもう二本カロリーメイトが必要だったかも。ちょっとやばかった。

シンザカヤで小休止した後、江戸川下り。流山橋が見えてきた。ここからは通いなれた道。もはやルーチンワークなのでつまんない(笑)。
ところが土手を下るロードの一団が。目指す先には幟が立っていて、どうも飯屋っぽい。今日はとっとと帰りたかったので素通りするが、今度行ってみよう。

そういえば流山にお好み焼き屋があるという情報を得ていたが、自転車の鍵を持ってきていないことに気づき、今回は断念。

CRの柴又付近にちょっとした公園があるのですが、今日はラムネを売ってるおばちゃんがいたのでラムネを飲んですっきりした後、水を購入。
ずっと曇り基調かと思いきや、なんか日が出てきて暑くなってしまったので、水分は重要。

で、江戸川河口まで突っ走ったところで休憩。風景として掛かっている橋をパチリ。10分ほどマッタリした後、357で浦安に入り、家へ到着。
河口の橋




151.8Km 7時間46分のサイクリングでした。

また途中で飯を食いそびれました(笑)
次回の課題は「途中で飯を食う」ということにします


余談
1000Km祝いは物凄く効果がありました。
キシリウムは回転が軽くて走るのが楽しくてしょうがないし、
タイヤ+チューブはとってもクッションが良かった。
ますます走るのが「快感」になってきました。
スポンサーサイト
別窓 | 151~160Km | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<ノコン再チャレンジしてみるか・・・ | 淀屋橋行特急の運行日誌(本運用版) | たまには怒ってみるか!>>
この記事のコメント
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL
| 淀屋橋行特急の運行日誌(本運用版) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。