スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
使いにくい・・・
2008-03-21 Fri 22:36
KHSは一応折りたためますんで輪行で使いたいですよね。
そんな訳で先日、LOROさんに輪行袋を買いに行きました。


店員さんによれば、オーストリッチの小径車用よりも、
KHSの純正輪行袋のほうが断然使い易い、と滔々と語ってくれましたので
そのサイズのデカさに不安を抱きつつも純正を購入して参りました。

早速予行演習をしてみた。

問題はそのデカさにあって、電車に乗ってるときはともかくとして、
自転車で走ろうといった段階で、輪行袋を納めておく場所が無いんですね(苦笑)

店員さんの説明では
1.ハンドルバーの前にぶら下げる
2.シートピラーとサドルのレールを利用してぶら下げる

という二つの方法があるとのことですが、

1.ハンドルバー
→GPSとライトを搭載するために日東の便利ホルダー(これは実際便利!)を装着しているため
 物理的に不可能。
 ライトについては乾電池式のものをクイックに取り付けておけば実用上の問題はありませんが
 GPSは参照可能な搭載位置をどうやっても作りだせません。

2.サドル下
→サドルのレール後端が広がる形状の場合は、付属のベルクロが恐ろしく短いため無理。
 また、サドル下がふさがるのでサドルバックが使えません。
 ということはタイヤチューブなどの携行をボトルケージでやる他ありません。ポンプどうする・・・


つまり、店員さんが言うほど使い勝手が言い訳ではない、ということが分かりました。
店員さんはこれで輪行したことが無いのだと思われまする。

というわけで、輪行時にはキャリアの取り付けが必須、ということになりました。 
がっかり。

それと、輪行袋としての使い勝手では、パッドが入っているため非常にたたみ難い
ということも分かりました。
多分オーストリッチの方が幸せになれたと思います(苦笑)
スポンサーサイト
別窓 | KHS F20-RC | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<のんびりと走ってみた。 | 淀屋橋行特急の運行日誌(本運用版) | 毎年性懲りも無く・・・>>
この記事のコメント
No title
よどさん こんばんは お久しぶりです。
KHSの純正輪行袋 、参考になりました。
と、いうのは 
今、小径車を購入すべく考え中なので。
本命は”BRUNO VENTURA20T”で
今日 実際に見てきたのですが
なんか 頼りないフレーム?という印象で
よどさんはどう思いますか?
それで
その横にあった "KHS F20-R"のほうが
いいかな?なんて思ってきたのですが
そこで質問なんですが
"KHS F20-R"をドロップハンに
変えてもポジション的に大丈夫でしょうかね?
すいませんわけのわからない質問しまして^^;

2008-04-03 Thu 21:06 | URL | EIJI #- [内容変更]
No title
EIJIさん、こんばんは。

小径車は選ぶのが結構難しいですね。
特に輪行を前提とすると凄く難しい。

>BRUNO VENTURA20T
これ、なかなかかっこいいですね。

>"KHS F20-R"
実際にドロハンに変えて乗っている人もいるみたいで、
ネット探すとちらほら引っかかってきますね。

標準の構成だとステムが少し短い(多分60mm)ので
あわせて長めにしてあげるとしっくりくると思います。
2008-04-03 Thu 23:39 | URL | expyodo #F0Ucobe6 [内容変更]
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL
| 淀屋橋行特急の運行日誌(本運用版) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。