スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
GoogleMapAPIKeyについて
2007-08-04 Sat 12:11
GPSの走行ログをGoogleMapへコンバートできることは
割合と知られておりますが、
おそらく最も意味不明なところが最終段階で必要になるGoogleAPIKey。

これをどうやったら取得できるか?という説明を書いてみます。

※以下、Goggleのアカウントがあることが前提で書いてます。
※アカウントの取得方法?
※ググッてください、ググッて(笑)
まず、トップページから More>>ってのをクリックすると
Googleの提供している機能がズラーっと並んだページに飛びます。

並んでる中から、以下の「コード」ってのを探してクリックしてください。
コードのリンク


そうすると、いろいろ表示されるので(笑)
「Google マップAPI(英語)」ってのをクリックします。
Mapsへのリンク


Google Mapのページに飛びます。
ページ上のほうにある
「Sign up for a Google Maps API Key」
ってのをクリックします。
APIKeyが欲しいぞー


お約束として規約が大量に書いてあるので、暇なら読んでください(笑)
ホームページを入力する!

取得という観点からは、ページ下のほうにある、
「I have read and agree with the terms and conditions」
ってのにチェックを入れて
「My web site URL」
ってのに、自分のホームページのURLを入力する必要があります。
URLですが、ここでページを特定せず、
出来るだけ広い範囲の指定にすると良いです。

例)
ホームページを設置してるホストが
「hogehoge.com」
ホームディレクトリが
「/expoyodo」
Google Mapsを埋め込んだページが
「/expyodo/maps.html」
だとしますね。

「http://hogehoge.com/expyodo/maps.html」
としても初期の目標は達成できるのですが、
後日また違う場所のログを 「maps2.html」とでも作った場合に
APIKeyを使いまわせません。

「http://hogehoge.com/expyodo」
としておけば、同じAPIKeyで他のページにも
GoogleMapsを入れることができますので便利です。


ちゅうわけで、入力したら「Generate API Key」をポチッと押しください。
すると以下のようにAPIKeyが取得できました!
(画像ではわからないようにしましたが、英数字の長ったらしい文字列が表示されてます)
めでたしめでたし

スポンサーサイト
別窓 | GPS | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<暑い・・・ | 淀屋橋行特急の運行日誌(本運用版) | 坂と平地は全くの別もの>>
この記事のコメント
分かりやすい解説ありがとうございます
よどさん、こんばんわ
Google API Keyの分かりやすい解説、ありがとうございます。
勉強になりました。
Googleマップと自転車のルート情報のマッシュアップはまだ、よく分からないことだらけですが、少しずつ勉強していくしかないですね。
2007-08-05 Sun 00:11 | URL | 東葛人 #pn.FNN1k [内容変更]
これで轍で作ったものが見れますね(笑)
APIKeyさえ取ってしまえば轍で作ったものが
多数の人に公開できます。

一応アクセス数制限があって、
一日5000アクセスを越えるサイトは
Googleと多分お値段交渉をしないといけないのかな?
まぁ僕には縁が無いアクセス数(笑)

>Googleマップと自転車のルート情報のマッシュアップ
走行中にこまめにポイント登録すると情報の密度が上がっていいのですが
時間と脚との相談になってしまいますね(苦笑)
あとポイント登録と写真をリンクさせるのは非常に面倒です。
これが自動で出来る仕組みがあれば良いのですが・・・

自分で作るしかないのかなぁ・・・
2007-08-05 Sun 14:43 | URL | expyodo #F0Ucobe6 [内容変更]
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL
| 淀屋橋行特急の運行日誌(本運用版) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。